アクロスFX


FXトレードの企業は、その人気の後押しもあり新しい企業も多々誕生しているようです。

まだ若い企業というのもあれなのですがアクロスFX株式会社という企業が2005年に設立されて、FXトレードの企業として知られてきました。

『証券の企業なんてどこも同じでは?』と思う人は多いでしょう。ですので、ここでこの新しく設立された企業の概要を紹介も交えて記載していきます。

このアクロスが何故人気になってきたのかですが、やはり中堅どころの企業と同じかそれ以上の低価格での手数料を実現したからだと言えます。

中堅のFXトレード会社でも、ある程度の手数料は取る『デイトレ決済手数料』がアクロスでは無料です。しかも、資金が少なくても始められるようなサービスもあり、それに因んでその路線での対応も充実しています。

さらに小さなサービスではありますが、ポイントサービスも始めています。特にこれからの若きトレーダーにはありがたい『FXトレード無料セミナー』も開催中という幅の広い対応の良さ。

この充実の良さゆえに新規企業ではありますが、確固とした人気を得ているのではないでしょうか?

先程のセミナーですがFXトレーダーの時間の浪費を少しでも減らす為に、『WEB』にも対応しています。もちろん他企業でもやっているバーチャルFXもあるので一度、サイトへ足を運んでみる事をオススメします。

オリックスFX


老舗の証券会社ですから、トレーダーでオリックス証券を知らない人はいないでしょう。

しかも、FXトレード人気が上がれば素早く対応し、最近ではホームページの上位にもしっかりと取引のサービス概要がUPされています。

そして、なにより嬉しいのがFXトレード並びに『オプション取引』までの証券取引の種類の幅の広さ、そしてFXでも見られる手数料の均一化ではないでしょうか?

特に、という点では他を圧倒するサービスを行っている訳ではないのですが、FX並びに全取引でオリックス証券は『かゆい所に手が届く』絶妙な取引手数料を実現しています。

トレーダーとしては更に有難い『長い経験ゆえのサービス』も受けられるブランドイメージもあるので、これからも磐石な発展を見せると予期しています。

『取引種類が多い』という事なのでサイトに足を運ぶと、あり過ぎる取引の影響のせいで探したい取引を逐一把握しにくいのでは?と思う方もいるかとは思いますが、実際はシンプルにまとめられていて見易かったです。

今まで行った事がないFXや先物のオプションなどをやって堅実かつ、そこそこ大きく儲けてみたい方にはオススメの企業だとサイトに足を運んで感心させられました。

FXオンラインジャパン


FXを始める場合、FX投資家たちはネットで自分に合った会社を検索してオンラインで取引きを行うのがほとんどです。

現在ネットで「FX」を検索すると、数多くのFXの会社がヒットしてきます。

その一つにFXオンラインジャパン(FX Online Japan)という会社があります。こちらのFXオンラインジャパンは、投資家たちのオススメ度も高く人気の高い会社です。

FXオンラインジャパンでは、取引手数料、口座維持手数料が共に無料で、メジャー通貨ペアを含む合計23通貨ペアの取引が可能なのも大きな魅力の一つです。またFXオンラインジャパンのメジャー通貨ペアはわずか2ポイント。

少ない資金で始められるミニ取引口座もあり、5万円の初期証拠金から取引可能になっています。

さらに、FXオンラインジャパンでは、取引システムによる外国為替証拠金取引がリスクを心配せずに疑似体験できる「デモ取引」というものがあり、簡単な手続きで無料でできるシステムもあり、利用期限もないので納得がいくまで試せることなども、FXオンラインジャパンの人気の一つになっています。

マネックスFX


マネックスFXは、5,000円の資金から1,000通貨単位でできる外国為替保証金取引です。手数料は1ドルあたり10銭ですが、最低手数料はなんと6銭。

100万ドルの取引きをした場合で、なんと1取引単位あたり60円になる計算です。このようにマネックスFXでは取引きコストを抑え、とてもリーズナブルな為替手数料になっています。

マネックスFXで取引き可能な通貨は、米ドル・円・ユーロ・ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフランの8種類で、マネックスFXでの取引単位は、1,000通貨以上、1,000通貨単位となっています。

マネックスFXでは、プライス(成行)注文、指値注文、ストップ(逆指値)注文、OCO、IFD(IF Done イフダン)IFO(IFDとOCOを組み合わせた注文方法)など、投資家のさまざまなニーズに応えられるように多彩な注文方法が用意されています。

マネックスFXで取引できる時間は、原則24時間ですが、早朝の10分間だけメンテナンスのため取引できません。

マネックスFXでは、インターネットおよび携帯電話からのみの注文受付となっていて、電話からの注文はできないのでご注意ください。

ライブドアFX


ライブドアFXの特徴は、少ない資金での取引が可能で、なんと初回5万円の入金で取引が開始できます。これによって、ライブドアFXで少ない資金で効率的な資産運用が実現します。

ライブドアFXのレバレッジは、リスクの低い約1倍のレバレッジから、ハイリターンの200倍のレバレッジまで7段階レベルで幅広く用意してあるので、自分の好みに合わせて自由に調整が可能です。

リスクを最小限に抑えて取引きがしたいという投資家の方から、ハイリターンの取引きを行いたいという投資家の方まで、さまざまなニーズに応えることができます。

豊富な取扱通貨ペアもライブドアFXの魅力で、なんと18種類。ライブドアFXでは、人気の高い米ドル、ニュージードル、ポンドなどから、今話題の南アフリカ・ランド、人民元まで幅広く取り扱っています。

ライブドアFXの面白いサービスでは、日本唯一の金融占星術による為替チャートをライブドア証券より独占配信というのがあります。これは天体位置による変化日をビジュアルにて表示するものです。

オリジナルの手法によるウィークリーコメントも提供するなど、今まで占星術に興味がない方にとっても気になるサービスと言えるのではないでしょうか。

その他にも、業界屈指の充実レポートというサービスも行っており、この充実レポートは、毎日3回、ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/ドルなど8種類の通貨ペアについての短期的な分析を提供しています。

HSBC銀行の資金為替ディーラーを皮切りに、欧米の数多くの大手銀行でチーフ・ディーラーを歴任した人物がこの充実レポートを執筆していて、FX投資家にとって痒いところに手が届くような必見のサービスです。

サービス内容や取引きなどでトラブルが生じた場合でも、サポートセンターが電話やメールで24時間対応してくれるのも安心材料の一つではないでしょうか。

セントラルFX


セントラルのFXには、セントラル短資オンライントレード(日短FXダイレク)があります。

セントラル短資オンライントレードの短資の意味をご存知でしょうか。短資会社とは短期金融市場で金融機関相互取引の仲介をする会社という意味になります。

FX取引の魅力の一つにスワップ金利がありますが、セントラルのFXは業界最高水準のスワップ金利になっていて、外貨預金の利息にあたるスワップ金利を毎営業日受けとることが可能になっています。また、購入した通貨で思ったほどのリターンが得られない場合でも、セントラルのFX取引なら他の通貨へ簡単に乗り換えることが可能なのです。

通常、口座開設の申し込みをする場合、資料請求をして自宅に資料が届くのを待ち、その資料が届いてやっと必要書類をそろえて記入して申し込みをするというふうになりますが、セントラルのFXの場合は、オンラインで口座の開設ができるので、とてもスムーズにストレスなくセントラルで口座を開設することができるのです。

セントラルのFXでは、取扱通貨も大変豊富に取り揃えてあり、全部で16種類あります。セントラルの会社は、信用度も大変高く、信託保全もしっかりしているので安心感があります。

業者選び(1)


FX業者選びについては、このブログでも一度解説しましたが、今回は沢山あるFX業者の中からどこを選べば良いか、その選び方について書いてみます。

FX業者は主要な会社だけでも50以上もあり、これらの全てに資料請求をした日には、部屋中が資料の山と化して、FX初心者はどれがどれやらさっぱりわからなくなります。

しかもFX業者からのお誘い電話もひっきりなしに鳴るかもしれず、これでは平穏な生活が乱されかねません。

どの業者が良いかについては、業者選び比較サイトと口コミを最大限活用して絞り込む必要があるでしょう。

代表的な業者選び比較サイトについて、紹介して行きたいと思います。

(1)ALL外為比較 FX会社ランキング特集【総合ランキング】
http://www.allgaitamehikaku.jp/ranking/total.html

ALL為替ランキング、手数料ランキング、口座数ランキング、総合ランキングの4つでランキングがされており、それぞれランキング上位の会社の詳細が見れるようになっています。FX初心者は、まずはここで各ランキングを比較してみるのが良いと思われます。

(2)FX業者比較
http://www.forex-traders.net/broker00.html

個人のトレーダーさんが評価した、口コミ情報サイトです。業者別に、手数料、スワップ金利、レバレッジなどの重要項目が一覧できるように作られていて、非常に参考になります。

(3)FX業者別“悪評”ランキング
http://fxsenki.jugem.jp/?eid=281

評判の悪い業者も押さえておきましょう。個人ブログですが、ネット上での悪評が立っている業者をランキングしています。

以上FX初心者の業者選び比較サイトについて、おすすめなサイトを紹介してみました。

業者選び(2)


引き続きFX初心者のための業者比較サイトを紹介していきましょう。

(1)FX手数料比較 外為FX業者比較完全DB
http://hikaku.fxtec.info/

スワップポイントの受け取り方、特殊取引条件、PC環境、サーバの安定度など、様々な観点からの検索絞り込み可能なスーパーサイトです。チェックボックスを付ける項目は、かなり特殊な条件が多く、基本的にはFXを熟知している人向けの仕様になっていますが、このブログや他の情報サイトで知識を仕入れたFX初心者の方なら、それほど苦労なく理解できる項目ですので、ぜひ一度お試し感覚で検索してみてください。FXデビュー後の細かな生活設計の参考になるのもメリットです。


(2)初心者のためのFX業者比較
http://www.fx-abc.net/

こちらは(1)とは逆に完全にFX初心者向けに詳しい解説付きで業者比較ができるサイトです。正確には、プラン別オススメ業者の紹介なのですが、FX初心者にとっては、基礎学習とともに役に立つサイトですので、こちらもぜひ目を通しておいてください。


(3)外国為替証拠金取引(FX)業者比較 為替比較プラス
http://www.fxcomp-plus.com/

このサイトも、ロスカットやマージンコール、ポートフォリオ作成ツール有無など、かなり詳しい条件で業者比較ができる優れたサイトです。特にロスカットやマージンコールの条件で選べるのはこのサイトだけのようです。(1)のDBサイトと組み合わせて使えば、かなり強力な絞り込みができそうです。このサイトも、このブログや他の情報サイトで知識を仕入れたFX初心者なら、容易に理解できる内容になっています。

業者選び(3)


前の2つの記事で紹介した業者選び比較サイトを使って、実際に私がFX初心者になりきって、業者の絞り込みを行ってみましたので紹介します。

まず、FX手数料比較 外為FX業者比較完全DB(http://hikaku.fxtec.info/)を使って次の条件で検索を行いました。

(1)デイトレ中心に儲けたいので「手数料が無料」「デイトレ決済無料」という条件を付けました。
(2)スワップ金利は毎日受け取りたいので「スワップ金利は毎日受け取れる」という条件を付けました。

以上の条件で検索した結果、249件中4件がヒットしました。この結果はプリントアウトして、他のサイトで調べるときのリストにします。

この4件の中では「みんなのFX」というサービスが目を引きました。

手数料無料、圧倒的超低コスト。ドル円スプレッド1(時間帯によってはスプレッド2)。
レバレッジは最大300倍。9/18から信託保全導入。
サポートは24時間対応で◎。Macにも公式対応(OS9/10対応)。
W−ZERO3、EM・ONEでも取引可能。

ということでした。

私のパソコンはMacなので、わざわざFX用にWindows環境を整えなくても良いですし、W−ZEROユーザーですからどこにいても取引ができます。

実際デイトレ中心の取引となると、家に引きこもりになりがちですが、W−ZERO3が使えれば、気軽に外出もできます。

さらに、信託保全導入ということで、証拠金も安全が図れそうです。FX初心者にとって安心材料がとても多そうでしたので、この業者を中心に4社を他の業者選び比較サイトで評判を見てみることにしました。

(あくまでも、私のシミュレーションですので「みんなのFX」を推薦している訳でもなく、この業者選び比較サイトを真っ先に使うように推薦しているわけではありませんので誤解のないよう申し添えます)

以上、FX初心者の業者選びサイト比較の実例ということで、ご紹介しました。次は、ここで選んだ4社を他のサイトで検証してみます。

業者選び(4)


前回に引き続き、FX初心者の業者選び比較サイトでのリサーチを続けてみたいと思います。

前回ピックアップした「みんなのFX」ですが、他の業者選び比較サイトでは名前が出て来ません。そこで、GOOGLEで「みんなのFX」で検索をかけて、評判を調査してみると次のブログが見つかりました。

http://yamamomo.livedoor.biz/archives/50184594.html

このブロガーさんは「みんなのFX」については、あまり高い評価をしていないようですね。他の情報サイトでも掲載されていないとなると、ちょっと二の足モードに入ってしまいそうです。

続いて、初心者のためのFX業者比較(http://www.fx-abc.net/)で、もっとシンプルにデイトレとスワップポイントで儲けられる業者を捜しました。

デイトレードを考えている人には「ひまわり証券」がおすすめと書いてありました。とりあえずこの会社も比較リストに入れてみます。

そしてFX業者別“悪評”ランキング(http://fxsenki.jugem.jp/?eid=281)で、悪評が立っていないかチェックしてみると、とりあえずどちらも悪評は立っていないようです。

もっとも、ここでいう悪評とはシステムの不安定さなどが要因として上げられているケースが多いようです。

このような感じでFX初心者の方は何日かかけてリサーチを行い、本当に信頼できそうな会社数社をピックアップして資料請求をしてみると良いでしょう。

業者選び比較サイトも全ての情報をあまねく網羅しているわけではありませんので、全幅の信頼を置くのは考えものですが、FX初心者にとっては十分すぎるほどの情報がありますので、ぜひじっくり時間をかけて良い業者を探してください。

以上、FX初心者の業者選び比較サイトでのリサーチについてまとめてみました。