初心者の資産運用にFXを


最近、かなりの人がFXに手をつけているようです。FXは外貨の売買を利用した投資方法で、株の信用取引と同じように証拠金と呼ばれるお金を業者に委託して取引を行います。

日本人の平均寿命は年々のびていますが、将来の生活に不安感のある人は多いようです

。限られたお給料の中で少しでも豊かな生活、豊かな老後を得るためにも、今手元にある金を有効に活用したい。定期預金は年利が下がって運用手段にならないし、その運用方法では足りないことが予想できる。長期的な資産運用に対しても、FXはそのパワーを発揮します。

リスクコントロールができていさえすれば、投資信託や定期預金よりずっと少ない手数料で効率的な利益をあげることができます。

FXにはスワップポイントというシステムがあります。低金利の通貨を売って高金利の通貨を買った場合、金額分の収益が発生します。

毎日着実にプラスの結果がでるスワップ金利は、初心者にとってかなり心強い存在なのではないでしょうか。

初心者FXの手始めに1万米ドルを買うと約110円。10万米ドルを買うと、日々1100円もの利益が発生するのです。

FXの魅力の一つに、少ない証拠金で多額の決済ができることがありますから、初心者FXでも上手に使えばスワップポイントも看過できない数字になるでしょう。十分な資金を確保した上で上手に貨幣を買うことができれば、スワップポイントはローリスクで一定のリターンを得ることができます。

いいタイミングで外貨を保有できれば、毎日頑張って相場の確認をしなくても収入は入り続けるという状態が作れます。

初心者はバーチャルFXを試してみよう


本格的にFX取引を始める前にお勧めなものがバーチャルトレードです。

FXについて調べると、耳慣れない単語が幾つか出てきます。例えばレバレッジ。例えばスワップ。これらは基本ですし初心者FXチャレンジャー向けの文章ならずとも再三の意味の説明はあります。

用語はたくさんあり、統一した単語がある場合もあれば、株や先物取引の用語が一部混ざっている業者のものもあります。

これらは説明を一読しても何のことかよくわからないものではないでしょうか。

FX取引をどの業者を通して行うかを決める時は各社の特長比較が必要になりますが、用語がわからないままに内容比較はできません。

取引業者を選ぶには、証拠金がいくらか、ロスカットレベルはどう決まっているか、手数料がどこでどう発生するかを比較するのが一般的ですが、それすら用語の知識が必要です。

単語の壁でつまづき、先に進めず往生している人もいるかもしれません。

FXの操作感や仕組みを覚えるには、FXの疑似体験ができるバーチャルトレードがうってつけです。

実際のお金を動かす前のおためしとして、注文の出し方や必要な用語の意味などを手を動かしながら把握することができます。参加することにお金はかかりません。

投資がうまくいけば賞品が出るところもあります。初めての人は、資産運用の熱意はあってもFXとは実際にどうしていいかわからない人が多いのではないでしょうか。

架空の金銭で本物そっくりの取引を経験しておけば、実践の場で何が起きるか想定でき対処法も考えておくことが出来ます。

バーチャルトレード


資産は有限です。FXで増やしてはみたいけれど、逆に減ってしまったら元も子もありません。せめて予行演習はできないものでしょうか。

バーチャルトレードは、実際の資産を使わず仮想資産で取引操作を体験することができるもので、インターネットを通じて無料で参加可能です。

デモ版とはいえ本当のFXとほぼ同じ操作画面を使う業者も多く、検討中の業者のバーチャルトレードに参加し操作性を確認することもできます。

レバレッジの仕組みや資産の投入バランスなど、実際に扱ってみないと感覚的にわかりにくいものもバーチャル取引で体感でき理解につながります。

「学問なしの経験は、経験なしの学問にまさる」といわれるほど経験は重要です。最初のうちはわからない用語や馴染まないチャート表でも、デモ取引を積み重ねることで理解できます。

資産を一定期間でどれだけ増やせるかを競争し、成績優秀者には景品やポイントを提供する業者もあります。自分がどの程度出来るか、挑戦してみるのも面白いでしょう。

相場は時に乱高下しますので、いざそうなった時の気構えを鍛える予行訓練にもなります。精神修養は、FXでは意外と大事なポイントです。

仮想取引を経て、自分なりの取引の形を作ることで心の準備にもなります。

実験半分ゲーム半分で実際にはできない買い方を試してもいいし、本物さながらの取引をしてもいいでしょう。本番で失敗を避けるには、仮想の取引のうちに勘違いしそうな操作や手数料の計算関係をこなしておくといいでしょう。

難しそうなFXですが、頑張ってスキルを身につけ強力な武器にしたいものです。

初心者のFX投資スタイル


わずかな元手をFXで大きく増やし、資産を3倍にも4倍にもした人の話は時折耳にします。

初心者FXでも一ヶ月に40万儲けた、元手が10倍になったなど様々な話題がありますが、全ての人が同じ結果を得られているわけではありません。

初心者FXで成功した人がいたとしても、初心者FXの全てがうまくいくわけではありません。世間に氾濫する情報を鵜呑みにして、検証もせず盲信することは良い結果をもたらしません。

そんな人ほど、うまくいかないことは相手のせいにしがちです。資産の運用は、あくまで自分の判断に基づいて行うべきです。

そして参考にする情報源やアナリストの言葉は、これと見込める人を絞りましょう。初心者FXなら、リスクの少ない長期投資からはじめるといいです。

3〜5倍程度の低レバレッジで、スワップポイントをコツコツ貯める方法です。1万米ドルをレバレッジ2倍で購入するには60万程度の資産が必要で、こうしておけば日々150円程度の収入になります。

為替が暴落もしくは急騰しても、レバレッジが低ければロスカットは滅多に起こりません。長期で保有する外貨を増やせばスワップポイントも増え、利益も少しずつ貯まります。

相場に手を出すことが危険だと感じるうちは、そういった方法もいいでしょう。先が読めたと感じた時は、その時だけレバレッジを上げて大量に買い、差益を狙ってもいいです。

初めての人は、早めに自分なりの取引ルールを組み立ててリスクをコントロールすべきです。

確実に資産を増やすためには日頃はリスクを犯さず資産を守り、チャンス到来と見た時は機を捉えて飛び乗る度胸のよさが必要です。

初心者FXの注意点


為替の大変動で差損が大きく膨らむ様子は、初心者でなくても恐ろしいものです。地震や津波、干ばつなどの自然災害も為替に影響を与えます。

急な自然災害による為替の変動は、どう頑張っても予想しきれるものではありません。

この先どんな自然災害が起きどんな政策が発表されるかわかりでもしない限り、為替に不測の事態はつきまとうでしょう。

初心者FXトレーダーは、当然ながら急激な円高・円安で平常心を保つなどという高度な精神修養はできていません。

いつ何時未体験の大パニックが発生しないとも限らないのが相場の世界ですから、完全に慣れきるということはありません。

思いがけない出来事にうろたえて、後に悔やむような決断をする結果にもなりえます。

機械的なストップロスを入れることにより、自分自身がパニックに陥っても自動的に損失を一定額に抑えることで次の買い場を待てるようになります。

ストップロスは、含み損がある程度の大きさになった時にそれ以上の損が出ないよう出す決済注文です。「含み損が○○万円になったら諦めて決済しよう」と決断をしていたつもりでも、いざとなると思い切れず大きすぎる含み損を抱える結果になる人もいます。

初心者FXで見落とされがちですが、得を出すこと以上に損を出さないことは重要なのです。一番怖いのは、ストップロスを入れずにいたせいでFXで資産を殖やし直す余地のないほどの大損をしてしまうことです。

チャンスをつかもうにも、元金がなければどうしようもありません。大幅な状況の変化に直面しても焦らずに対応ができるよう、色々な状況への対処を考えておきましょう。一度の失敗が致命的にならないようにすることが肝要です。

初心者向きの外国通貨とは


FXでは色々な外国通貨を取引できます。通貨にはそれぞれクセがありますが、その中から得意な通貨を見出し、その通貨を軸に取引ができればこれほど心強いことはありません。

ひとつの外貨だけを買うとリスク集中しますので、複数の通貨を持つべきでしょう。世界の外国為替市場では様々な外貨が売買されていますが、中でも取引量の多い米ドル・ポンド・円・ユーロは主要通貨と呼ばれ、それより少し取引量の少ない外貨を準主要通貨といいます。

主要通貨と、準主要通貨の違いは取引量にあります。

取引量の少ない外国通貨ほど、一方向に急激に動くことがあります。石油の売買など、様々な局面で世界的に取引されている基軸通貨は依然として米ドルです。

多くの品物がドル建てで決済されています。そのため、外為業者やロイターなどの通信社から出る情報は米ドル中心で初心者でも外国通貨の情報にはさほど困りません。

英ユーロと米ドルを通貨ペアにしたユーロ/ドルは取引量の最も多い通貨ペアです。ユーロ、ドル、日本円が主要3通貨となります。わかりやすい値動きをする傾向があり、扱いやすい通貨です。

豪ドルやニュージーランドドルはFXでは人気の高い通貨です。国家経済が好調なこと、資源国通貨は世界的な政情不安に強いこと、金利が高くスワップポイントが高いことなどが人気の理由です。

金利の引き下げ、引き上げはこの通貨の魅力であるスワップに繋がるため、注意すべき点です。ユーロと関連性のある値動きをするイギリスのポンド通貨ですが、経済規模が小さくレートが乱高下しがちです。

十分な差益が見込めるならば取引もいいですが、初心者には扱いづらい通貨です。

FXスワップ生活を目指して


スワップ益だけで日々の生活が可能ならいいな、という人は少なからず存在します。そんな日々を夢見ている人は決して少なくありません。

しかし実際、そんなことは可能なのでしょうか。FXを運用している人の中には、スワップ派と呼ばれる人たちがいます。

毎日少しずつ入るスワップポイントが目的であり、為替の変動に影響されない投資の形といえます。

FXで1ドル=120円の時に60万円の資金を用意し、米ドルを2万ドル買ったとします。2万米ドルを保有する場合、買いスワップを1日+125円と想定すると1日250円、月7,500円です。

何かの理由で米ドルが暴落し、強制ロスカットされると全ての益がふいになります。対策としては、資産を多めに入れて1ドル=90円程度まで落ちても大丈夫にしておきます。

この○○円まで下がらないだろうという予想を幾つにするか、つまり安全率をどのくらいにするかは個人差があります。

タイミングを狙って少しずつ買い増していくことでスワップポイントも増え、それを更に資金に回せます。毎日1万円ずつのスワップポイントを得て、取引をしない日も儲けを得る。

そんな投資スタイル、スワップだけの生活もFXでは充分可能です。

スワップ金利向きの取引業者


スワップ金利を狙ってFXを始めるのなら、その目的に見合った業者を選ぶ必要があります。信頼性の高く安定したFX業者を選ぶことは、基本中の基本です。

スワップ目的の取引は毎日少しずつ、そして長期間の運用になります。取引業者を選定する際には、経営基盤のしっかりし情報開示の明瞭なところにしましょう。

見逃してはならないことは、資産の信託保全の有無です。銀行に信託保全として預託金が預けられていれば、最低限の保証は信用できます。

預けたお金は、業者が倒産しても守られていることになります。取引スタイルをスワップポイントに軸を置くなら、各社のスワップも比較する必要があります。

スワップポイントはFX業者ごとに異なります。1円2円の差でも、長期運用で毎日積み重ねることを前提に考えるならば見逃せません。

三貴商事のくりっく365、セントラル短資オンライントレード、外為どっとこむなどがスワップ派と呼ばれる人たちが開設する口座です。

税制優遇のあるくりっく365は、他のFXにない強みがあり後々差益が大きくなった時に影響が大きいでしょう。

外国為替を利用した投資


外国為替を利用した投資には様々なものがあります。

外貨MMFという外貨を使った投資信託もありますし、外貨預金はそのまま外貨を定期預金として保有するものです。

FXは為替レートの変動で差益を取ることが目的ですし、外国投信は外国債券や外国株で運用されます。外国為替によって投資を運用する際の魅力には、どのようなものがあるでしょう。

大きな理由に一つに、外国為替を利用した投資時の金利のよさがあります。日本円はここ何年もの間、ゼロ金利と呼ばれるほどの超低金利通貨にあります。

日本で預金をしても利息はほとんどつきません。一方、外貨の預金はその国の金利で計算するためそれなりの利息がつきます。

預金する外国通貨によって差はあるものの、日本円と比べればかなりの金利の高さです。この金利の高さが、外国為替の強みです。

資産を外貨で保有すると日本円の価値が下がった時に備えてのリスク分散になります。

日本円のみで資産を保有している場合、国内で大規模なテロや災害が発生すると日本円の価値が下がります。インフレによってものの値段が上がった時に外貨にして持っていれば、日本円の影響は少なくて済みます。

外貨を組み合わせないまま資産を持つことは、日本円の価値変動の影響を直接被ることです。外国為替を利用して資産を外貨に替えておくことは、資産運用のリスクを分散させておく効果があるのです。