証拠金


FX(外国為替証拠金取引)がどのように行われているのかについて、FX初心者に分かるように5回にわたって説明して行きたいと思います。

FX取引では最初に証拠金をFX取引業者に預けることによって取引が開始されます。外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引を行うのです。

証拠金の額は最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。この証拠金に対してレバレッジをかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。

レバレッジの倍率は業者によって異なりますが、最高レベルで見ると10万円の証拠金に対して最高2000万円の取引が行えることになるわけです。

この点がFXの魅力でもある訳ですが、FX初心者の場合はいきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然応分のリスクも負わねばならないですから、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してみてFX取引の概要をつかむことから始めるのが得策です。

慣れて来て、FX初心者を卒業する頃になったらレバレッジの率を上げていけば、より多くの額の取引が可能になります。

なぜ、このような仕組みになっているのかというと、為替レートは一般的には変動率が小さいので、特にキャピタルゲイン(為替差益)で儲ける場合には相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないからなんです。

相当数の資金を自己資金でまかなうとなれば、FXを始められる人はぐんと減ってしまいます。

それで一種の信用取引きのような形で証拠金を預け、レバレッジをかけることによってFX初心者に対する敷居を低くしているんですね。

為替差益


FXで行われる取引には、大きく分けて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。
ここでは、FX初心者向けに、その概要と違い、使い分け方について説明したいと思います。

キャピタルゲインは、日本語では「為替差益」で儲けることを言います。為替差益はFX取引の基本です。いわゆる株の相場差益に相当するもので、大きく儲けるにはキャピタルゲインを中心に据える必要があるのです。

理由はインカムゲインの項で説明しますが、金利のみで儲けようとしても、為替レートがほんの少し変動しただけで利益がふっとんでしまい、損はしないが儲けもでないということになりがちだからなんですね。

これではFX初心者は全然面白くないですよね。

資産保全のために外貨口座を開設しているのならとやかく言うことではないですが、儲けようと思ったらまずは為替差益で儲けるキャピタルゲインを中心に据えるべきなんです。

そのキャピタルゲインですが、仕組みを言ってしまえば簡単で、要するに「安く買って高く売る」ということです。

これは株でも一般のビジネスでも原則は同じです。FXが株や商取引と違うところは、為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるということが挙げられます。

言い換えれば「高く売って安く買う」という取引ができるんです。株や商取引が「買い(仕入れ)」から入るのに対して、FXは「売り」から入ることができるからなんです。

たとえば、1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、10万円(120万円−110万円)の利益が出ます。

FXのキャピタルゲインは、相場高、相場安の両面から攻めていくことができるんですね。FX初心者は、まずキャピタルゲインの練習からはじめるべきでしょう。

後で書きますが、バーチャルFXというゲーム感覚でできるサービスがありますので、そこで練習してみるのも賢い方法です。

利息収入


FXの魅力の一つはインカムゲイン(利息収入)があることです。利息収入については普通の外貨預金や外貨MMFでも同じですが、FXの場合は利息を日々受け取れるということと、スワップポイントと言って通貨間の金利差を利用して稼ぐので利率が高いのが特徴です。

FXは外貨預金とは異なり積極的に儲けて行く投資ですから、FX初心者とはいえ利息収入に安住するのは好ましくありません。

1万ドル(120万円とします)に対して年利5%の利息がつけば、利息収入は年6万円になります。複利で運用できますから、10年後の利息収入は約75万円になります。

これはこれで結構な資産運用で、実は日本でも20年くらい前までは普通のスーパー定期預金でもこれくらいは稼ぐことができたのです。

現在の日本の涙もでないような低金利政策が長く続くからこそFX投資が流行する訳ですが、実はインカムゲインまたはスワップポイントには不安定要素が2つあります。

ひとつは為替相場の変動です。
上の例で見ますと、1万ドルが120万円から100万円に下落した場合には、20万円の含み損が発生しますので、おおむね予定していた利息収入の4年分くらいは食いつぶしてしまいます。

さらに利息収入も減る訳ですから、上の例だと含み損も含めて10年間の利益は半減してしまいます。

もうひとつは、通貨銘柄の相手国の金利変動です。
FXのインカムゲインは自国と相手国との金利差を利用して稼ぐ訳ですから、相手国の利率が下がればインカムゲインも下がります。

インカムゲインだけでのんびり儲けようとすると相手国の金利変動までチェックしなければならず、FX初心者には簡単なようで、実は難しくて割に合わないのです。

なので常に為替相場はチェックしていて、キャピタルゲインで着実に稼ぐのを基本にして、インカムゲインは特典として考えておくのが、FX初心者だけではなく全てのFX資産運用家にいえることでしょう。

取引にかかるコストと税金


FX取引で利益が出たとしても、その利益が全部自分のものになるわけではありません。FX取引会社に支払う手数料やスプレッド、そして税金があります。

手数料は会社によって違いますが、たとえば1ドルの片道(売りまたは買いのどちらか)で0.02円〜0.4円といったところです。

1万ドルを売ったら、おおむね200円から2000円程度ということになります。同じ外貨取引でも外貨預金の場合には1ドルにつき片道1円くらいになりますので、1万ドル売ったら1万円ということになりますから、それに比べたらFXは非常に安いということです。

FXが短期売買を繰り返すことが多いため低く抑えられているわけですが、安いからといってあまりに細かい短期売買を繰り返すと、差益がそれほどでもないのにコストばかりが積み重なって、長期的にはそれほど儲かっていないという結果にもなります。

続いてスプレッドというものがあります。これは為替相場と実際に取引をする際の価格との差です。

例えば、ドル円(USD/JPY)で売値115.05ー買値115.08と表示されていれば、売る場合に0.5円、買う場合に0.8円のスプレッドがかかっていると考えてよいでしょう。

スプレッドも業者によって差があり、手数料とスプレッドの合計額が取引の際のコストとなります。手数料が安くてもスプレッドが高い(あるいはその逆)という場合も考えられますので、この辺は業者を選ぶときにFX初心者は必ずチェックしたほうがいいようです。

最後に税金です。日本の預金でも利子に税金がかかることからもわかるとおり、FXによって得たキャピタルゲインやインカムゲインは課税の対象です。

雑所得という扱いになっているので、総計が20万円を超えた場合には確定申告の必要が生じます。被扶養者扱いになっている主婦がFXで50万円以上の利益を出すと、扶養からはずれるようになります。

FX初心者も、できるだけ必要経費項目を増やして無駄な税金を払わないようにしなければなりません。

FXに関連する控除項目は、パソコン購入費、インターネット接続料、FX関連書籍購入費などがありますが、手っ取り早く必要経費を捻出するにはパソコンを買うのがよいでしょう。

もちろん買ったら即時転売して経費回収するわけですが(笑)

リスク管理


FXも金融商品の一部であり元本保証型の商品ではないことから、当然損失を出すリスクは存在します。

株のように一夜にして紙切れなどということはないですが、レバレッジを基本として売り買いを行うFXには「マージンコール」と「ロスカット」という二つのリスク管理手続きが存在します。

少々ややこしいのですが、FX初心者にもわかるように書いてみます。

マージンコールですが、保証金の50%を超す損金が出たときにその時点で決済するか、追加保証金の拠出を求める制度です。

10万円の証拠金で20倍200万円のレバレッジを組んで取引している場合、1ドル105円(105万円)で買ったドルが100円(100万円)に下がったとき、含み損は5万円ですから、証拠金の5割です。

この場合、FX業者は持っているドルを売って決済し損益を確定させるか、あるいは証拠金の追加を求め、上の例で言えば、あと10万円上積みすることによって含み損の比率は25%に下げさせます。これがマージンコールです。

レバレッジの比率が高いほど、わずかな相場変動でマージンコールがかかる仕組みになっていますので、FX初心者は注意が必要です。

続いて「ロスカット」です。これは日本語の俗称「損切り」になります。

ロスカットの例としては、証拠金の20〜30%(取引業者によって異なる)になると、持っている通貨の一部やすべてを決済してしまうことです。

マージンコールと似ている面がありますが、大きな違いはマージンコールは証拠金の上積みで解除できるのに対してロスカットは強制的に決済させられる点にあります。

マージンコールもロスカットも損失が出た場合、その損失を証拠金以内の最小限に抑えるための安全弁のようなもので、FX初心者が少額の資金で始めたFXで大損失を出しても、実際の損失負担は証拠金の範囲内で収まるのです。