レンタルFX


「レンタルFX」の特徴は、何と言ってもパソコンを消していても利用できるという点にあるでしょう。
この情報商材は、システムトレードと呼ばれるタイプのものです。
通常このタイプの情報商材は、自動売買を行ってくれるプログラムをパソコン内に組み込み、設定にしたがってトレードをやってくれるというタイプのものです。
しかし、パソコンをつけっぱなしにしておかないとできないので、例えばパソコンが停電で使えない状況になった場合などは作動しません。
ですが、この「レンタルFX」は別です。
パソコンの電源が入っていない状態でも、トレードをしっかりやってくれます。

どういうシステムになっているのかというと、このシステムトレード専用の口座を海外に作り、運用されている70以上あるシステムの中から好きなものを選択し、運用を委託するという方法を取っています。
つまり、投資家が方向性を決められるタイプの投資信託といったほうがわかりやすいかもしれませんね。
講座のサーバーがシステムを運用しているので、投資家のパソコンがどうなっていようと関係なくトレードが行われます。

ただ、これだけのサービスというわけではありません。
しっかりマニュアルが存在しています。
そのマニュアルを見て、70あるという運用システムがどのようなものかをチェックした上で、選択する事ができるのです。

この「レンタルFX」という情報商材は、内容だけを見てみると初心者向きのように思えます。




tag:
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26239336
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック