外国為替を利用した投資


外国為替を利用した投資には様々なものがあります。

外貨MMFという外貨を使った投資信託もありますし、外貨預金はそのまま外貨を定期預金として保有するものです。

FXは為替レートの変動で差益を取ることが目的ですし、外国投信は外国債券や外国株で運用されます。外国為替によって投資を運用する際の魅力には、どのようなものがあるでしょう。

大きな理由に一つに、外国為替を利用した投資時の金利のよさがあります。日本円はここ何年もの間、ゼロ金利と呼ばれるほどの超低金利通貨にあります。

日本で預金をしても利息はほとんどつきません。一方、外貨の預金はその国の金利で計算するためそれなりの利息がつきます。

預金する外国通貨によって差はあるものの、日本円と比べればかなりの金利の高さです。この金利の高さが、外国為替の強みです。

資産を外貨で保有すると日本円の価値が下がった時に備えてのリスク分散になります。

日本円のみで資産を保有している場合、国内で大規模なテロや災害が発生すると日本円の価値が下がります。インフレによってものの値段が上がった時に外貨にして持っていれば、日本円の影響は少なくて済みます。

外貨を組み合わせないまま資産を持つことは、日本円の価値変動の影響を直接被ることです。外国為替を利用して資産を外貨に替えておくことは、資産運用のリスクを分散させておく効果があるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14061737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック